忍者ブログ

スイーツOLのBL漫画レビュー

花道恋しぐれ 柚摩サトル【感想】

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

花道恋しぐれ 柚摩サトル【感想】

オレ 漫才師になりたい思てんねん
一緒に・・・プロ目指さへんか?悦っちゃん オレ悦っちゃんの事好きやし
相方は悦っちゃん以外考えられへん――

花道恋しぐれ (花音コミックス) 花道恋しぐれ (花音コミックス)

芳文社 2009-10-29
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
<あらすじ>
「なあ悦ちゃん 俺と芸人目指さんか?」
ド底辺の高校でくさってたオレに、ある日クラスのヤンキー•荒牧が言ってきた。
そりゃ、オレかてお笑いは好きやけど…お前食っていけると思てるん!?
けど…お前のその真っ直ぐな瞳に見つめられると弱いねん…。
何やろこの気持ち、もしかしてオレ荒牧の事…アカンアカン!しっかりせい悦太!!
描き下ろし後日談&眼鏡発情ラブコメも収録した、すったもんだの芸人志願ラブストーリー!!




昨日に引き続き、プチ柚摩サトル祭りでございます。
わたくしコレ、個人的にかなり好きでした。オススメです。
お笑い芸人を目指す二人のお話なのですが
せつなくて可愛くてエッチで、キュンと胸が痛くなる作品でした。
もちろん、エロも満載☆


高校で同じクラスの荒牧と悦っちゃんは
漫才好きという共通点から仲良くなり、一緒に漫才師を目指す事になります。

作者も語っていますが、
相方を探してコンビを組んでお笑い目指すというのは
確かに将来を左右する、いわばプロポーズ同然の行動な訳で・・・
高校生の男の子が
「相方は悦っちゃん以外考えられへん」と必死に説得する姿が
すごく可愛くて、萌えて萌えて仕方なかったです。
やっぱり関西弁っていう所もポイント高かったですね。


元ヤンの荒牧は、悦っちゃんと一緒に漫才をやりたいが為に
だらしなかった自分を見直し、
ちゃんと高校も卒業し、養成所通ってテッペン目指す!
と本気で考えていたのですが

自分の才能をいまいち信じきれなくて
荒牧の人生を抱える重さに耐えられなくなった悦っちゃんは
コンビを裏切って、大学進学の道を選んでしまうのです。


「オレには・・・悦っちゃんしかおらんのに――」
涙する荒牧には、こちらまで胸がぎゅーーっと掴まれるような気持ちでした。
つーか元ヤンなのに「悦っちゃん悦っちゃん」って
呼び方がすっごい可愛いwww


「許してもらえるなら・・・」と突然、荒牧にフェラをして
怒らせてしまう悦っちゃんでしたが
(いやそもそもフェラで許してもらうって発想がありえねー)
そのまま、顔も合わせずに高校を卒業してしまい
最期に電車で別れるシーンは本当にせつなかったです。

この辺のシリアスっぷりは、「桃色パンティノン伝説」で
「股間ボッキボキ」とか言いながらヒモパンの話ばかり描いていた人と
とても同じ作者とは思えませんwww
(いや、そっちも好きだけどな)


その後、大学をやめてフリーターになった悦っちゃんと
新しい相方を見つけてお笑い芸人として頑張っている新巻は
偶然にも東京で再会しますが
現在の相方にドス黒い嫉妬を抱いてしまう悦っちゃん。

今でもまだ悦っちゃんを好きだという荒牧と
本当は一緒に漫才をやりたいという悦っちゃんの
じれったさに終始、キュンキュンしながら読みました。

そして後半、
ラブラブになってから急に加速するエロにも注目です。
セックスを現在の相方に見られたシーンには笑ったwww
カギくらいかけなさいよ。



■素顔はタブー
表題作は、ストーリーがしっかりしててシリアスで
どうしたんですか柚摩先生!と思ってましたが(なにげに失礼)
こちらはいつものエロエロでした。

メガネを取ると発情を抑えられなくなる「素顔アレルギー」という
トンデモ体質を持っているアサヒ。
銭湯で出会った藤田湯の息子にメガネを取られてしまい
「セ・・・セックスしたいっっっ!」とハァハァしている姿を見られて
自己嫌悪になるアサヒでしたが
アンタら、けっきょくセックスするんかいwww(いや分かってたけども)
銭湯エッチがえろかった。




いつものギャグエロテイストではなく
人間ドラマ中心に描いてみた、との事ですが
これからもこんな感じの作品をたくさん描いて欲しいなーと思いました。

表題作のシリアスさに比べて
短編のトンデモっぷりが際立ってしまうのがアレですが
エロくて可愛くて、とっても萌える1冊です☆



エロ★★★★★
萌えた★★★★★
切ない★★★★
笑える★★★
買って良かった★★★★★


→関連記事
 カウント0 柚摩サトル【感想】
 桃色パンティノン伝説 柚摩サトル【感想】
 欲望フラグ 柚摩サトル【感想】

拍手[0回]

PR

コメント

最近のおすすめBL漫画

だってまおうさまは彼が嫌い3 通常版 (ドラコミックス)
征服すばらしい →感想

ポルノグラファー (onBLUEコミックス)
ズルいどスケベ受最高 →感想

【Amazon.co.jp限定】花鳥風月 (5) 小冊子付特別版 & Amazon限定特典 描き下ろし8Pまんがリーフレット付 (ディアプラス・コミックス)
死なないでぇぇぇぇ →感想

かくれんぼハニー (オメガバースプロジェクトコミックス) (POE BACKS THE OMEGAVERSE PROJECT CO)
美人インテリやくざ受けしからん →感想

無邪気なわんこと猫かぶり (バンブーコミックス moment)
秘められたホモとは →感想

ポジ (バンブーコミックス Qpaコレクション)
ネガもポジも最高です →感想


大人だけの楽しみR18。 →感想

カテゴリー

コメントありがとうございます

[07/18 まさみん]
[06/25 舞依]
[06/24 お酢]
[06/08 ヲリ]
[06/07 ぴよ]
[06/06 ちぃ姉]
[06/06 ayahito]
[06/06 ことり]
[06/05 ttochan]
[06/04 タカジョウ]
[06/04 タカジョウ]
[06/03 ことり]

ページランキング

レビュー書いてる人

HN:
タカジョウ
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
ホモ
自己紹介:
ロマンチカのTVアニメ化を期に約10年のブランクを経てBL界に舞い戻って来た、スイーツOLの皮を被った隠れ腐女子。商業BLコミックとBLCDにまみれて毎日過ごしています。まんが大好き!
近況:
もっとホモ読む時間が欲しい

カウンター

ブログパーツ